オーストラリア

  オーストラリア食べ物

旅の情報
くらしの情報
楽しむ情報
他のシティへGO!
オーストラリアオーストラリアホーム
一般情報
その他の情報
Google
Web ozlifestyle
友達に紹介 このサイトを
  お友達に紹介
お気に入りお気に入りに追加

オーストラリア 食べ物


オーストラリア 食べ物オーストラリアは、ヨーロッパのさまざまな国からの移民の人達が集まっている国。そのため食文化にも大きな影響を与え、国際色豊かな食べ物を手軽に楽しむことができます。レストランは、イタリア、中国、日本、ベトナム、タイ、マレーシア、インド、スリランカ、トルコ、ギリシャなどが揃っていて、とてもインターナショナル。 どれも本格的なものばかりです。


1.オーストラリア料理

オーストラリア(オージー)料理は特にコレ!というものはありませんが、もともとはイギリスが文化の発祥地なので、英国料理がベースとなった上に各国からの移民(とくにイタリア人)が食文化を発展させました。 オーストラリア独特の食べ物としては、カンガルー、ワニ、エミューを使った料理があります。 どれも試してみて意外な美味しさにビックリ。 お土産にはジャーキーが人気です。


世界の輸入食品をオンラインで。

オーストラリアの肉は、値段の安さと低脂肪&高タンパク質で人気があります。 鶏肉、豚肉、牛肉、羊肉、ウサギなど、オージーは肉料理をよく食べ、BBQロースト料理はオーストラリアの一番ポピュラーな料理とも言えます。 オーストラリアのクリスマスは夏にもかかわらず、伝統のイギリス冬料理を汗をかきながら作りますが、最近ではBBQをする人も多くなりました。 シーフード料理も、海に囲まれた国ならではの新鮮さと豊富さが魅力で、欠かせない料理です。

2.カジュアルフード

ベジマイトオーストラリアと言えばオーストラリアン・フットボール (AFL)。 そのフットボールを観戦しながら食べるものは、ホットドックではなくてミート・パイ! テイクアウェイショップなどで買える、定番のカジュアルフードです。 チキンやビーフのひき肉がはいったパイで、いろんな種類のソースをつけて食べます。 イギリスの伝統のフィッシュ&チップスもファースト・フードの代表選手です。 キッシュはオージーの家庭料理で、ほうれん草やハムなどをいためたものをのせて、クリームとチーズで焼いたもの。 また、朝食に欠かせないものは、ベジマイトという野菜のペースト。 見た目チョコレートのような黒いペーストで、イースト菌からできていて、ビタミンBが多く含まれています。 トーストにバターと一緒につけて食べるのが一般的。 しょっぱくて、ちょっとクセのある味です。 
 

3.デザート&コーヒー

デザート甘い物が好きな人にはオススメのオーストラリアのデザート。 日本のものとは違い、大きくてボリューム満点。 代表的なものに、パヴァロバ(メレンゲを焼き、パッションフルーツなどをのせたケーキ)、チョコレートケーキチーズケーキパンケーキ(生クリームをたっぷりのせて食べる)、パウンドケーキ(ナッツとレーズンのケーキ)、カスタードタルトバニラスライスラミントン(チョコレートのコーティングがされているスポンジケーキにココナッツがまぶしてある)などがあります。
 

リコリッシュ スナック類では、リコリッシュLiquorice)とティムタムTimTam)が有名。 リコリッシュはカンゾウという植物の根のエキスから作られた黒くてグミのようなもの。 味が濃くて匂いも比較的きついので、日本人は苦手な人が多いようですが、消化を促してくれるのでこちらでは昔からよく食べられています。 いろいろなお菓子にも使われています。 ティムタムは日本人にも大人気のチョコレートコーティングしたビスケット。 味や種類もいろいろありますが、オリジナルのものが一番人気のようです。 最近では日本でも購入できるみたいなので、試したい方は チェックしてみてください。

コーヒーコーヒーはイタリアの影響を強く受け、どこでもカプチーノカフェラッテという呼び方で、本場イタリアのおいしい本格的コーヒーが楽しめます。どのカフェでもハズレなくおいしい、というのに本当に感心します。これ以外にもホワイト(ミルクコーヒー)、ショートコーヒー(濃い目)、ロングコーヒー(薄い目)などいろいろな種類のコーヒーが楽しめます。 またコーヒーと並んでイギリス文化の代表である、紅茶文化もしっかり根付いています。 紅茶の種類は豊富で、日本では普段お目にかからないようないろんなものが普通のスーパーに並んでいます。 朝食と昼食の間にはモーニングティー、昼食と夕食の間にはアフタヌーンティーという習慣があり、仕事の合間や勉強の合間に、紅茶と軽食を摂るのも一般的です。 パーティーをするときでも、アフタヌーンティーパーティーといって、いろんなお菓子を焼いてもてなしすることがよくあります。 
 

マーケット4.買い物事情

オーストラリアでは野菜や果物の種類が豊富でほとんどが国産、安全でしかも日本よりずっと安い値段で買うことができます。お米もどのスーパーでも売っていて、日本より安く手に入ります。1ヶ月の食費は、自炊するとだいたい夫婦で300ドル、日本円にして24,000円くらいで済んでしまいます。



5.日本食

最近の志向としては、日本料理がブームで、日本食を楽しむ人が増えました。 これもヘルシー志向のオーストラリアのトレンドによるものです。 寿司のテイクアウェイはいたる所にありますが、大抵が中国人経営だったりします。アジアの食料品はスーパーにも並んでいて、手軽に手に入ります。他にも日本人による日本食料品店や、中国人によるアジアン食料品店(あらゆる国のもの)があり、大体の物は揃います。 


高級レストランのチーズを自宅で。

6.BYOについて

BYOBYOという言葉を耳にしたり、レストランなどで目にしたりすることが度々あると思いますが、これは、“Bring Your Own”(お酒を自由に持ち込みOK)という意味です。BYOのシステムを取り入れているレストランでは、自分のお気に入りのワインなど (他の種類のアルコール持込みは確認したほうが良い)を食事と一緒に楽しむことができます。また”Licenced”としているレストランでは、アルコール取り扱いのライセンスがあるため、BYOは不可となっています。どちらもOKとしている所もあるので、事前に確認することをオススメします。持ち込みの際には、$1〜4くらいのcorkage という栓抜き料が加算されるので念頭に置いておきましょう。

オーストラリア
ホテル ガイド
オンラインだけの格安価格
選べる幅広い選択肢

 
 

お問い合わせ
  Copyright © 2002-2011 Mi Marketing Pty Ltd - All Rights Reserved -